ブログネタ
東京都中野区! に参加中!

上鷺宮を守る会:3月10日の全体会


20070310kamisagimamoru本日、初めて町民の集会に参加させて頂きました。 上鷺宮という枠では私は外部の人間ですが、鷺宮地域の問題として掲載させていただいた事から、ご紹介頂きました。 途中で何を話して良いかわからなくなり、冴えない人間が居るくらいに思われたかもしれませんが、その通りなのですみません(苦笑)

ともあれ、主役は上鷺宮に住んでいる皆様です。 地域改造計画と思われるものを創出した担当者たちへの後始末という後ろ向きでネガティブな部分の処理をしつつ、子供たちやお孫さんに胸をはって残せる明るい街の将来像を模索していきたいですね。 それらに少し貢献できればこのブログも幸いです。

さて、本日の雰囲気ですが・・・
上鷺小学校の時と違い、対決する相手が居ないこともあってか、今までの経緯の説明も、意見交換も静かなムードで行われました。 白紙撤回や裁判になる場合の問題点などの質疑や、「今後の活動を実りあるものにしていきましょうよ!」という前向きな提言などを含め、色々と情報や意見を共有できる場が設けられたと思います。 

また今回の当番議長(といえる立場の人)が川本信彦氏で、プレゼン(発表・報告)の話し方が慣れていらっしゃいました。 さすが世界のホンダで社長をやっていた方です。
(個人的には元F1監督としてみてしまいましたがw)

今回面白かった・・・いや、地域住民の方にとっては面白い話ではありませんね、訂正!
興味深いお話として、中野区主催の
「住み良いまちづくりを考える会」
に参加されていた方が来られていまして、その会合がアリバイになり、さらに少数から集めたアンケートを根拠として道路拡幅の流れに向かった経緯が説明されて、今回の問題の源流に行き着いた思いでした。 

地域の将来に関する話し合いは野方や鷺宮、或いは新井薬師のほうでも行われている模様です。 すべてが悪い結果になっているわけではありませんが、中野警察学校跡地を含む中野駅周辺開発構想に関しては、地域住民と中野区の間でかなりこじれている様子です。 

どうやらまちづくりというのは地域性や担当者、或いは過去の行政案や計画とあいまって、すんなりと進む問題、既に風化して計画案では害が発生する場合、地域計画が国政レベルに関連している場合など様々な様子。 教育もそうですが、役人が解決方向を誤るとそのツケは一番末端に出ます。 学校なら生徒に。 地域ならば住民に。

ともあれ、たった一人の思いでも、一人一人が繋がれば一国を動かすようなパワーが生まれますので、上鷺宮から世界を良くして行きましょう。 コレぐらいオーバーに考えて、ようやく世の中がカタツムリのスピードで良い方向に向くらしいです(苦笑)

上鷺宮道路拡張問題