ブログネタ
東京都中野区! に参加中!

今日の上鷺宮の元官僚襲撃事件現場


太陽光線が眩しい快晴の空の下、あの事件の現場には警察関係者と報道関係者が沢山おりました。
クリックで画像拡大 午前11時ごろ
20081122kamisagi_genba



商売とは言え、寒いのにご苦労様です。 事件当日の夜のように、近隣に迷惑が掛かるほどの路上駐車は無かった様子。 とはいえ、上鷺宮地域センターの前の通りは、事件現場の前が封鎖されておりますので、通り抜けが出来ません。 さくら通りは封鎖が解除されていますが、取材車両が点在していて、通りにくい状況は続いていました。 

通りかかって写真撮影していると、報道関係者が「この辺のお住まいですか?」などと、情報収集に来ましたが、昼間働いている私から提供するような情報はなく、アッサリと解答して終了。

クリックで画像拡大 午後1時ごろ20081122kamisagi_genba03



それにしても、テレビで放送されているように、逃走車両に黒い車(ワンボックス?)が使われたのでしょうかね? 上鷺宮の地域住民は、通り抜け目的の通行が難しくするために、道路の拡幅には消極的と言うかむしろ反対の意向で、拡幅したい中野区側と衝突している面もあるんですよね。 通行量が増えたり、通過速度が高くなるのは迷惑と言うことで。 実際、歩道があるにもかかわらず、あのあたりの制限速度は30キロ。 お陰でスポーツ系の自転車でも、比較的安心して走れます。 30キロ出している私を抜くということは、速度超過ですしね(苦笑) ということで、地域全体が狭い道の多いこのあたりを通行するなら、自転車やスクーターの方が楽なのですが・・・
ところで、最近のビックスクーターなら2人乗りで逃走できそうですが、その可能性は無いのでしょうか? ま、素人の考えなので、報道されている通りに自動車を使った可能性のほうが高そうではありますが。 そのほうが犯人は姿を隠せますし。

ともあれ、地域の治安を無視したような突発的な事件でしたが、写真のような後遺症が残っております。 早く解決し、明るい年末になることを切に願っております。

retoro30nakanosuginami【出版社】三冬社
【ISBN】978-4-904022-30-6
【発行年月】2008年05月
【価格】1,995円(税込)
【内容】西武新宿線、井の頭線、都電、青梅街道、商店街、子どもたち…。すでに郊外ではない、まだ都心でもない、昭和30年代の中野・杉並の風景を写真や地図で紹介する。
icon