中野区WEBサイト
忘れないで結核のこと 
9月24日〜30日は結核予防週間です

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d003282.html


    *日本全体の結核罹患率は順調に下がっています。
    しかし、昨年、東京都では芸能人の発病や中学・高校での集団発生などが起こり、中野区では98名の方(約3200人に1人)が新たに結核を発病しました。

    * 発見が遅れ、重症化し、周囲に感染を広げる例も少なくありません。
    昨年、中野区では20歳代の方1名と80歳以上の方6名のあわせて7名の方が、結核で亡くなりました。

    * 何よりも早期発見、早期治療が大切です。咳(せき)や痰(たん)が2週間以上続いたら、結核を疑って早めに医療機関を受診しましょう。
    また、昨年の中野区の保健福祉に関する意識調査によれば、10人に3人の区民の方は年1回の健康診断を受けていません。
    35歳以上の方を対象にした、中野区で実施している健診の詳細は、基本健康診査をご覧ください。
    35歳未満の方を対象にした、中野区保健所で実施している健診の詳細は、35歳未満結核健診をご覧ください。

    * 結核について正しく知る、それがまん延防止の第一歩です。結核についての詳細は結核は日本の重大な感染症ですをご覧ください。