ブログネタ
東京都中野区!その3 に参加中!

なっちゃんを救う会
なっちゃんの帰国によせて
http://www.save-nacchan.com/index.php


「4月25日、なっちゃんが、カナダから無事帰国いたしましたので、ご報告させていただきます。現在は、東京女子医科大学病院に検査のため入院していますが、体調は良好ですので、近日中に退院の見込みです。」
4月25日帰国予定とのことでしたが、当日の夜はニュースが検索で引っかからず、今夜再検索したところで、ようやく記事を見つけました。 また、帰国したばかりで忙しい中、帰国の報告がWEBにアップされております。

ともあれ、昨年の今頃から大変だった中、カナダへ旅立ち、そして幾多の試練を乗り越えて無事に手術が終わった・・・と思ったら、今度は母国の方で激動真っ盛り。 

なっちゃんはGWを超えたら通学を始めるのでしょうねぇ。
オカエリナサイ!

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
心臓移植の女児帰国
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110427-OYT8T00086.htm


 難病の拘束型心筋症を患い、カナダで心臓移植手術を受けた中野区の小学3年古家菜沙(こがなずな)ちゃん(8)が25日、帰国した。
<中略>
 美穂さんによると、1月に行われた手術後の経過は、カナダの主治医から「パーフェクト(完璧)」と言われたほど、順調という。菜沙ちゃんは今後、都内で診察を受け、連休明けにも学校への復帰を目指す予定。

(2011年4月27日 読売新聞)

日テレNEWS24
心臓移植手術の8歳女児 カナダから帰国
http://news24.jp/articles/2011/04/25/07181631.html


< 2011年4月25日 21:42 >
 子供からの臓器提供が可能となる直前に心臓の移植手術を受けるためカナダに渡った女児が25日、無事、手術を終えて帰国した。
<中略>
 菜沙ちゃん「ありがとうございました。また学校に元気に行きたいです」

 母親・美穂さん「(外国では)文化の違いや言語の違い、色々なことでぶつかることがあり、これが日本だったらもっとスムーズにいっただろうなと思うこともたくさんありました」

 また、菜沙ちゃんの両親は会見で、今月、日本で初めて子供からの心臓移植が行われたことについて「少しでも日本でできることが増えれば、一人でも多くの命が救われるのではないかと思う」と語った。