ブログネタ
東京都中野区!その3 に参加中!

再び注目される地域防災と消防団
消防操法大会2011


東日本大震災では大活躍した消防団でしたが、避難の誘導や沿岸堤防や水門の閉門・監視で多くの犠牲者が出たのも消防団でした。
いざという時に命がけの行動を取る団員が、年に1回開催される訓練の成果を発表する操法大会が、数年ぶりの好天の中で開催されました。
20110522showbow01

ここ数年、雨が続いた大会でしたが、今年は若干強めの風が吹く以外は素敵なコンディションで競技が行われました。
見た目には、それが消防や防災の役に立つの? という動きや確認もありますが、競技というものは規定をどれだけ正確に短時間にこなせるかがポイントですし、競技への参加で基本を身体に叩き込まないと、臨機応変な運用も応用もできませんから、ビデオを見ても「なんじゃこりゃ?」とか思ってはいけません。
例えて言えば素振りです、キャッチボールなんです、リフティングなんです。
20110522showbow03

20110522showbow02


っということで、鷺宮地域からは第6分団と第8分団が参加。

第6団(若宮・白鷺・鷺宮1〜3丁目)


第8団(上鷺宮・鷺宮4〜6丁目)


第8分団は前日の土曜日夜にも整備点検をし、当日朝もリハーサルや点検を下にもかかわらず、送水系統のパーツが折れていたとのこと。 非常に残念な結果でした。

そして第6分団は準優勝!
今年は大会に向けての訓練を見学できませんでしたが、また今度拝見させていただきます。