ブログネタ
東京都中野区!その4 に参加中!

中野区WEBサイト
福島第一原発事故に伴う放射線について
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d012349.html


都内では健康に影響を与える放射線量は測定されていません

 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所事故に伴い、その周辺では住民への避難などの指示がでています。
 しかし、3月13日以来現在まで、現地の被ばく検査で健康に影響を与える量は確認されていません(福島県緊急被ばくスクリーニングの実施状況について、10月以降のホールボディカウンタ測定の評価について)。
 東京都内でも、過去の平常値の範囲や基準値より高い放射線量や放射性物質の測定結果が散見されていますが、健康に影響を与える量ではありません。
 放射線は五感で感じられないため不安・心配はつきないと察しますが、現在のところ普段通りの生活をしていただいて差し支えありません。
 飲食物の出荷制限などの国の対応や、中野区内の線量測定など中野区の対応については、放射線への行政の対応 にお進みください。

 下記(見出しをクリックすると、該当箇所へジャンプ)を参考に正しい情報に基づく行動をお願いします。


っということで、詳細については上記リンク先をご覧ください。
一つ確かなこと。
東京都でも微量(という公式情報)ながら放射性物質と言う名の死の灰は降りました。
水源にも野山にも畑にも水田にも学校にも観光地にも「死の灰」は降り注ぎました。

核実験やチェルノブイリ原発事故では死の灰が降ると大騒ぎしたマスゴミさんや政治屋さん達ですが、福島原発については放射能物質で統一したようです。

大衆は愚にして賢

どれだけ役人とマスゴミと政治屋さんが取り繕っても、信用出来ないと判断を下した情報源はあてにしません。だからツイッターが大流行するのでしょうけれど。

ともあれ、私たちは放射線と放射能に対してあまりに無知でした。命に関わることに無知のままでは居られないので皆が少しずつチカラを寄せ合って風通しの良い行政にしていかなければなりません。

だから選挙が大事なんですけれど・・・