ブログネタ
東京都中野区!その5 に参加中!
下書きなしでいきなり書き始めましたので、遂行を重ねながら修正する予定

鷺宮地域は中野区に所属するべきか?


白鷺・若宮・鷺宮・上鷺宮は中野区役所から遠く離れた地域です。
これは物理的な距離ではなく、公共交通機関を使った場合は、区役所へ行く際に面倒な移動が必要だということです。
ということを鎖骨骨折で中野総合病院に入院手術することになった時に身をもって感じました。
コミュニティバス「なかのん」を利用せずに、交通機関を使用して中野駅界隈まで移動するには、基本的に2つの手段があります。 

【鷺宮地域から中野ルート:その1】
1:西武新宿線で野方まで移動 
2:野方のバス停まで徒歩3分 
3:野方から関東バスで中野駅界隈へ

【鷺宮地域から中野ルート:その2】
1:中杉通りで関東バスに乗る 
2:関東バスで阿佐ヶ谷まで出る 
3:阿佐ヶ谷からJRで中野駅に移動

肌寒い早春の中、落車の痛みで歩くのもしんどい身体で病院へ向かう際に、区役所まで直通のバスがないことの辛さを味わったのはもう何年も前のこと。
ちなみに、それぞれの区役所ルートには欠点があります。

【野方経由】
野方駅からバス停まで徒歩移動が必要。
少なくとも鷺ノ宮駅か都立家政駅まで徒歩移動が必要。

【阿佐ヶ谷経由】
少なくとも、中杉通りまでの移動が必要。
中杉通りから離れている場合は使えない手段。

さて、そこに登場したコミュニティバス「なかのん」
走行する路線に踏切がないのは良としても、新青梅街道から環七、早稲田通りを走行して中野駅まで到達するには20分、渋滞していたりすると30分ほど掛かりそうな行程です。 また、新青梅街道から離れている地域には恩恵のないラインですしねぇ。
できれば、白鷺1丁目のバス折り返し場所から中野駅に行くラインを欲しいところです。

さて、色々愚痴やら文句を言いたいところですが、ことは中野区だけでなく、東京都や国が都市計画をせずに開発を重ねた結果が今の状態を生み出しているわけですが、解決方法がないわけではありません。
この交通インフラをコストを掛けずに解決する方法はあります。

鷺宮地域を分割し杉並区と練馬区に編入させる方法です。 

中杉通りを南北に走る関東バス。
この関東バスに乗れば、練馬区役所も杉並区役所も簡単にたどり着けるようになるんですよね。 ざっくり分けるとすれば、西武新宿線の北(鷺宮と上鷺宮)を練馬区、南を杉並区(白鷺と若宮2・3丁目)でどうでしょうか?w これなら杉並のコミュニティバス「すぎ丸」も更に効率的な運用ができるようになるでしょう。

鷺宮地域って、中野区でイベントが開催されていてもちょっと遠い存在だったりします。 ことに上鷺宮地域の方は、中野区役所がとても遠い存在になっているのではないでしょうか? 中野サンプラザも中野ゼロホールも遠いです。 様々なジャンルのヲタクが集まる中野ブロードウェイも。 自転車で裏道をスイスイと走れる人なら15分も走行すれば到着する地域ですが、高齢者や身体に障害を持つ人はチョット面倒な移動になります。 それが練馬駅と阿佐ヶ谷駅だとガラっと変わります。 

中野区って、ぶっちゃけ貧乏なんです。
長年、23区で上位を争うほどに。

それに対して杉並区はどうでしょうか?
西武池袋線の駅周辺の再開発から見られる、魅力的な街の再構成をしている練馬区はどうでしょうか? 中野区は中野駅周辺の再開発でとりあえず終了かと思われますが・・・ 

なんでこんなブログ記事をアップしたかは・・・
後日ご報告する可能性が・・・あるかもしれません。