ブログネタ
東京都中野区!その5 に参加中!

鷺宮八幡神社祭禮 2014 神楽殿 
かみさぎ舞鼓打人 エイサー演舞奉納




※1:09あたりから、舞台左手前に虫が落ちてきて、どうやら仰向けになっていて逃げ出せなかったらしいです。それが気になって、ず〜〜〜〜っと演舞に集中できなかった子供の様子がもどかしくてもどかしくて・・・w
ようやく虫を排除できるも、気分が乗らなくなったでしょうね・・・
来年は素晴らしい環境で演舞できると良いですね。



2本目のビデオの2分辺りに、曲と演舞の継ぎ目があります。 ここで舞台袖で映像記録係をしていた女性がジビレを切らして

「虫、虫! 虫を退けてあげて!」 

と指示を出します。
子供が気味悪がって触れない、排除に向けた行動に出られないのですが、一緒に演舞している大人たちは誰一人気がつかない状況でしたからねぇ・・・ 
舞台の隅に追いやられた虫が、その後どうなったか知りませんが、視線を見る限り最後まで居たのは間違いないでしょう。

にしても、撮影者側からすると、神楽殿をスポットで照らす照明が欲しいですね。 演舞している人が舞台の前の方に来ると、顔が照明の影に入って、ハッキリ映らなくなるんですよね。 むしろ、舞台の奥から出てこないほうが、顔がハッキリ映るんですよ。 とはいえ・・・そういった照明を設置できる場所があるかというと・・・舞台向かって左がわは絵馬を掛ける辺りに1本かなぁ 反対側は・・・
ただし、照明を設置するとなると、雨(防水)対策をしなければなりませんし。