ブログネタ
東京都中野区!その5 に参加中!

6月1日から警察による自転車走行の監視が厳しくなります


わかりやすく意訳しますと、6月1日から自転車の違法な走行や危険な走行に対し、警察官の対応と処理がしやすくなります。



道路交通法による、自転車走行の際に順守するべき内容が変わるわけではありません。 危険走行やルールを破った際の警察官の対処が変わるだけです。 自転車が走行の際に守るべきことは、以前改正された道交法で決まっております。 ところが、それを破った際の処理が厳しすぎることから、よほど目に余る違反でない限り、警察側がお目こぼししてくれていました。 それを警察側が厳格に運用しやすくし、自転車利用者にも安全な走行をしてもらおう!というのが6月1日から変わる点です。 

中距離(片道30分以上)自転車通勤や長距離(片道100キロ以上等)の自転車走行を楽しむ人達にとって、車道でのルール遵守と安全走行は、自分の命を守るための手段でした。 ところが、生活上で歩行の延長に使う道具としての自転車では、歩道で歩行者を蹴散らしたり、交差点を停止や安全確認をせずに通過したり曲がっていく、傘をさして片手運転をする、夜なのにライトを付けずに闇に溶け込んで忍者走行するなど、車両としての義務を無視した危険な走行をする人で溢れています。 加えて、最近はスマホや携帯を操作しながら前を見ないで走行するなどの「ながら族」が加わっております。

この結果、昔から便利な道具として使っている空気のような存在の自転車を、安全やモラルの視点から意見を述べる際には「自転車はけしからん!」に豹変する人も居ます。

ま、例えて言えば、ボールペンは必要不可欠なのに、落書きする奴がいるからけしからん!という暴言を展開するようなものです。 そのボールペンの使い方に寄っては大怪我をしますし、場合によっては命を落としたり、人の命を奪う場合もあるので、最近では免許制度にしようという暴論まで展開されるわけです。 

考えてみてください。
道路行政に関しての先進国であるヨーロッパや北米で、自転車に免許が必要でしょうか? 不要ですよね?

ちょっと妄想してみましょうw 
例えば来年から自転車に免許制度を導入したとします。
開催予定の東京オリンピックの頃に、来日した外国人たちが自転車をつかって観光しようとした場合、免許の提示を求めるわけですよね? もしそうなったら、たちどころに世界からサル並みの交通行政と大笑いされて、情けない行政状態が秒速で拡散されますね。 日本では自転車免許がないとルールどころか安全すら守れないんだ、と。
続きを読みますか?